Skip to content

カテゴリー: 未分類

安全性と効果を検証

忙しい毎日の中、必要とされる時間と労力と費用を費やしてのホワイトニングである以上、自身にベストマッチかつより確実な効果が期待出来る方法の選択が不可欠です。ここでは以下、候補となる手法の絞り込み作業に際してお役立ていただきたいポイントをお伝えしておきます。

一般的に自宅で対応可能なホームホワイトニングの方が手軽簡単で負担が少ないイメージですが、むしろ忙しい方々こそ、通院が必要なオフィスホワイトニングをお薦めします。その理由として前者は白い歯を実感するまでに時間を要し、同時に食事制限が伴うデメリットが挙げられます。結果精神的なストレスと面倒臭さから、志半ばで中断されてしまう方々も見られ、中長期的に根気良く継続可能な方々向きの手法と言えるのがホームホワイトニングです。

またホワイトニング剤は当然口から消化器系にも流れ込みます。胃腸にトラブルをお抱え、あるいは糖尿病の方はリスクが否めず、ホームホワイトニングの回避が賢明です。オフィスホワイトニング前のカウンセリングを通じ、十分な意志疎通から信頼関係を構築の上で施術を受けられるのがベターです。ホワイトニングの実践に際しては、何よりご自身の体調を兼ね合わせての安全面を確認の上、次に迅速確実な効能への期待値を検証する流れが大切です。

複数の方法を理解する

ホワイトニングの種類を系統立てて理解するに際し、まずは「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2つに分けて捉えるところからスタートしたいと思います。ちなみに前者は専門の施術者が患者にホワイトニングを施すスタイル、後者は自身が自宅で実践可能な手法を指しています。

オフィスホワイトニングの代表的な種類としては、ハロゲンライトを用いるハイライトと称される世界初の技術に始まり、レーザーを用いるアルゴンレーザー、更にパワーアップした専門器具を用いたスピードホワイトニングと、登場から一気に進化を見せた歴史を有しています。更に21世紀に入るとLEDを用いたマルチアーチホワイトニング、一方で光を用いないジェルホワイトニングの登場から、二酸化チタンを用いるルクマール、ディオンなどの更なるノウハウが編み出されました。

一方のホームホワイトニングですが、こちらはアメリカでは1989年より、日本でも2001年に厚生労働省の認可が下りた、自宅で可能なホワイトニングです。最初は専門施設で歯型を取って専用のカバーを作成する必要がありますが、その後はこの器具を用いて自己対応が叶います。但し安全面への配慮から用いられるホワイトニング剤の濃度に関しては、オフィスホワイトニングのそれらと比較して大幅に薄く設定されています。

リンク…ハロゲンライトを利用したホワイトニングを行っている大阪の美容歯科【湘南美容歯科】

ホワイトニング基礎知識

専門的な施術で真っ白な歯を手に入れるのは、芸能人などごく一部の職業に携わる方々限定との先入観が一般的だったのも、現在一定年齢以上の方々にとっては懐かしく、同時に今思えば何とも不自然に感じられる事でしょう。今日ホワイトニングは私達にとって極めて身近な周囲そして自身への配慮であり、審美歯科の着実な増加がそのまま、世間からのニーズが右肩上がりで増加を続けている何よりの証拠です。

ちなみにこのホワイトニングを世界で最初に開発したのが、何と日本の企業である事実、果たして皆さんはご存知だったでしょうか。感覚的は西洋から伝わって来たエチケットに関する施術法の1つのイメージですが、1990年代にこの画期的な「歯を白くするノウハウ」が開発された事で、私達が白い歯に向ける意識が一気に高まった歴史が確かに存在しています。

こうした新たな技術とノウハウは日進月歩で進化を見せます。今日私達が実際に施術を受ける事が可能なホワイトニングの種類は多岐に渡り、全国各地の専門施設が更に独自のノウハウと最新機器を用い、大勢の患者さんお対応に尽力を続けています。ここで見落としてはならない注意点として、いわゆる黎明期の方法が必ずしもレベルが低いとは限らず、

私達の身体の大切な部位である「歯」とのマッチングが、安全性と効果双方に深く影響する点を挙げておきたいと思います。以下にホワイトニングをより正しく理解する参考データとして、ホワイトニングの種類に視線を合わせ、次々と開発された各々の特徴など、知っておいて損の無いポイントをご紹介いたします。