Skip to content

複数の方法を理解する

ホワイトニングの種類を系統立てて理解するに際し、まずは「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2つに分けて捉えるところからスタートしたいと思います。ちなみに前者は専門の施術者が患者にホワイトニングを施すスタイル、後者は自身が自宅で実践可能な手法を指しています。

オフィスホワイトニングの代表的な種類としては、ハロゲンライトを用いるハイライトと称される世界初の技術に始まり、レーザーを用いるアルゴンレーザー、更にパワーアップした専門器具を用いたスピードホワイトニングと、登場から一気に進化を見せた歴史を有しています。更に21世紀に入るとLEDを用いたマルチアーチホワイトニング、一方で光を用いないジェルホワイトニングの登場から、二酸化チタンを用いるルクマール、ディオンなどの更なるノウハウが編み出されました。

一方のホームホワイトニングですが、こちらはアメリカでは1989年より、日本でも2001年に厚生労働省の認可が下りた、自宅で可能なホワイトニングです。最初は専門施設で歯型を取って専用のカバーを作成する必要がありますが、その後はこの器具を用いて自己対応が叶います。但し安全面への配慮から用いられるホワイトニング剤の濃度に関しては、オフィスホワイトニングのそれらと比較して大幅に薄く設定されています。

リンク…ハロゲンライトを利用したホワイトニングを行っている大阪の美容歯科【湘南美容歯科】